当院について

【外ももの筋肉がパツパツに張っていませんか?】 こんなときは…!2018.12.12

本日も引き続き、変形性膝関節症に関する運動をご紹介させていただきます。


変形性膝関節症の患者さんの多くは、立っているときや歩く際にがに股(O脚)になりやすく膝の一部にストレスがかかり、立っている時や歩いた際に膝が側方に移動する現象がみられます。
今回お伝えしていく、外モモ(大腿筋膜張筋・腸脛靭帯)には、膝を安定させる役割があるため、がに股(O脚)になりやすい患者さんの多くは、外モモ(大腿筋膜張筋・腸脛靭帯)に過剰に力が入り硬くなっている場合があります。
外モモ(大腿筋膜張筋・腸脛靭帯)が硬くなりすぎると二次的にお尻の筋肉(大臀筋・中臀筋)が硬くなり、痛みが生じる原因にもなります。そのため外モモの適度な柔らかさが必要になります。


今回は外ももの筋肉である〝大腿筋膜張筋・腸脛靭帯〟に対して、寝た姿勢でほぐす方法をご紹介します。
①膝を少し曲げた状態で付け根(股関節)を内に倒して行きましょう。
②膝を倒していく際に、両肩が床から離れないようにしましょう。
※痛みの無い範囲で行ってください。
※ 余裕のある方は、膝を伸ばして試してみて下さい。
左右5セットずつ行ってください。
1回につき深呼吸2、3回行ってください。


次回は、お尻の筋肉に痛みがある方に対しての対応方法をご紹介していきます。
*これらのエクササイズは一例ですのでみなさま全員に当てはまるものではありません。痛みが出た際は、セット数を減らすか中止してください。


当院では、変形性膝関節症に対して再生医療(APS療法)も実施しています。
詳細に関しては、下記をご確認ください。
再生医療(APS療法)について

【前ももの筋肉が弱っていませんか?】 こんなときは…!2018.12.11

本日も引き続き、変形性膝関節症に関する運動をご紹介させていただきます。


変形性膝関節症の患者さんの多くは、立っているときや歩く際にがに股(O脚)になりやすく膝の一部にストレスがかかります。
前回までにモモ裏(ハムストリングス)や膝裏(ふくらはぎ)の筋肉が硬くなることで、膝が伸びにくくなると話をしましたが、それ以外の原因の一つに前もも(大腿四頭筋)が弱くなってしまっている事があげられます。
これまでお伝えしてきたストレッチの他にも前もも(大腿四頭筋)を鍛えるとより膝の痛みや変形、そして膝が伸びやすくなる場合があります。


今回は前ももの筋肉である〝大腿四頭筋〟に対して、座った姿勢で鍛える方法をご紹介します。
①タオルや枕を膝の裏において潰すように前モモ(大腿四頭筋)に力を入れていきましょう。
②3秒程度、前モモ(大腿四頭筋)に力を入れたまま止め、その後、力を抜きます。
※痛みの無い範囲で行ってください。
左右10セットずつ行ってください。


次回は、外側の太ももに痛みがある方に対しての対応方法をご紹介していきます。
*これらのエクササイズは一例ですのでみなさま全員に当てはまるものではありません。痛みが出た際は、セット数を減らすか中止してください。


当院では、変形性膝関節症に対して再生医療(APS療法)も実施しています。
詳細に関しては、下記をご確認ください。
再生医療(APS療法)について

【長く歩くと足裏が痛くなったりしませんか?】 こんなときは…!2018.12.11

本日も引き続き、変形性膝関節症に関する運動をご紹介させていただきます。


変形性膝関節症の患者さんの多くは、立っているときや歩く際にがに股(O脚)になりやすく膝の一部にストレスがかかりやすくなります。膝にかかるストレスを分散させるために足の向きを変えたり、アーチを崩して(扁平足など)歩いています。そのため、足裏(足底筋膜)の一部分に荷重がかかりそこに硬さが生じやすくなります。
これらが原因で長く歩いた後に足の指がつったり、足裏(足底筋膜)を痛めてしまうことがあります。足裏の硬さを取ることは、膝へのストレス軽減にもつながります。


今回は足裏の筋肉である〝足底筋膜〟に対して、座った姿勢でほぐす方法をご紹介します。
①テニスボールの上に足裏をのせます。
②足裏をのせた状態で、前後にボールを動かしていきましょう。
※心地良い強さで行ってください。


次回は、前ももが弱い方に対しての対応方法をご紹介していきます。
*これらのストレッチは一例ですのでみなさま全員に当てはまるものではありません。痛みが出た際は、セット数を減らすか中止してください。
*このストレッチは、腰痛の方にも効果的なストレッチなので試してみてください。
当院では、変形性膝関節症に対して再生医療(APS療法)も実施しています。
詳細に関しては、下記をご確認ください。
再生医療(APS療法)について

【膝が痛い方は〝ふくらはぎ〟が硬い人が多い】 こんなときは…!2018.12.06

前回に引き続き、変形性膝関節症に関する運動をご紹介させていただきます。

変形性膝関節症の患者さんの中には、『膝が伸びない』『膝裏(ふくらはぎ)が痛い』といった訴えがあり、モモ裏や膝裏(ふくらはぎ)の筋肉が硬いことが原因と前回記載させていただきました。

〝ふくらはぎ〟 の硬さは、足首が動きづらくなる原因の一つにもなります。足首が動きづらくなると膝関節にかかる負担が多くなったり、血行が悪くなり痛みの物質が流れづらくなることもあります。

今回は膝裏の筋肉である〝ふくらはぎ〟に対して、寝た姿勢でほぐす方法をご紹介します。

①膝を立て、片膝にふくらはぎをのせます。
②ふくらはぎをのせた状態で、前後にふくらはぎを動かしていきましょう。
※心地良い強さで行ってください。

次回は、足裏に痛みがある方に対しての対応方法をご紹介していきます。

*これらのストレッチは一例ですのでみなさま全員に当てはまるものではありません。痛みが出た際は、セット数を減らすか中止してください。
*このストレッチは、腰痛の方にも効果的なストレッチなので試してみてください。

当院では、変形性膝関節症に対して再生医療(APS療法)も実施しています。
詳細に関しては、下記をご確認ください。
https://mitsuwa-lp.com/aps

日本浮腫緩和療法協会ウェブサイトに当院院長のご挨拶が掲載されました。 お知らせ2018.12.05

日本浮腫緩和療法協会のウェブサイトに、当協会で顧問を務める当院院長 廣田のご挨拶が掲載されました。
整形外科医師として浮腫に関してどのように関わっているのか、また当院での今後の取り組みについても触れられております。

ぜひ、日本浮腫緩和療法協会のウェブサイトでご覧ください。

日本浮腫緩和療法協会 顧問 廣田 誼 ごあいさつ
http://nipponfushu.com/adviser/

【変形性膝関節症にお困りの方はいませんか?】 こんなときは…!2018.12.04

本日は、変形性膝関節症に関するお話をさせていただきます。


変形性膝関節症の患者さんの多くは、『膝が伸びない』『膝裏が痛い』といった訴えが多いです。
それは、モモ裏や膝裏(ふくらはぎも含む)の筋肉が硬いことが原因の一つです。
これから冬季になり雪道を歩く機会が多くなります。転倒しないよう膝を曲げ歩幅を狭くしたり、足に過剰に力を入れて歩く方も多いでしょう。

そのような状態だと身体全身が固まりやすく、より膝が伸びずらくなり、膝裏(ふくらはぎ)が痛くなる原因にもなります。

今回は、そのモモ裏(ハムストリングス)や膝裏に対して座りながらできるストレッチをご紹介します。

①モモ裏(ハムストリングス)の伸びを感じたら2、3回深呼吸します。
②膝を少し曲げ、骨盤を立てたまましっかりと身体を倒していきます。
※痛みの無い範囲で行ってください。

左右5セットずつ行ってください。
1回につき深呼吸2、3回行ってください。

*これらのストレッチは一例ですのでみなさま全員に当てはまるものではありません。痛みが出た際は、セット数を減らすか中止してください。
*このストレッチは、腰痛の方にも効果的なストレッチなので試してみてください。

当院では、変形性膝関節症に対して再生医療(APS療法)も実施しています。
詳細に関しては、下記をご確認ください。
https://mitsuwa-lp.com/aps

年末年始の休診のお知らせ お知らせ2018.11.30

年末の外来診療は、12月28日(金)までとなっており、12月29日(土)から1月3日(木)の期間は外来を休診させていただきます。
年始は、1月4日(金)から通常診療とさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

再生医療(PRP治療とAPS治療)の診療を開始いたしました。 お知らせ2018.11.10

当院にて、再生医療(PRP治療とAPS治療)の診療を開始いたしました。
治療内容やその特色などをご紹介するページを公開しておりますのでご覧ください。

https://www.mitsuwa.clinic/uninsured/prp/

外来受診のご相談については、お電話(011-816-3200)で承ります。
PRP治療とAPS治療を希望される方は、始めに廣田院長の診察をお受けください。
院長の診察後、PRP治療とAPS治療が必要な方にについては別の日に予約を承ります。

月刊誌「ケア」に廣田院長の記事が掲載されました。(骨粗鬆症講演会) お知らせ2018.10.19

月刊誌「ケア」10月号に当院院長 廣田の記事が掲載されました。
記事は、「骨粗鬆症とアルツハイマー病の関係」に関する講演の様子です。
骨粗鬆症とアルツハイマー病の関係をひも解く講演内容となっております。

以下のリンクよりPDFでも記事をご覧いただけます。
ぜひご覧くださいませ。


月刊誌「ケア」10月号掲載記事(PDF)


健康講座「ひざ痛を知る」を開催いたします。 イベントのご案内2018.09.27

来る10月13日(土)に、健康講座「ひざ痛を知る」を開催いたします。

膝の痛みのメカニズムから最新治療法PRP両方まで、わかりやすく専門医がお伝えいたします。
多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

と き:平成30年10月13日(土) 9:45開場/10:00開演(11:30終了予定)
ところ:みつわ整形外科クリニック 4F
参加費:無料(要予約 ※以下の広告をご確認ください)


健康教室「ひざ痛を知る」(PDF)

CONTACT