当院について

新型コロナウイルスの対策~動画紹介第4弾 ”耳ほぐし” ~ を更新しております 2020.04.06

4.〝耳〝をほぐす。

〝マスクをつけているから耳が痛い〟と言われる機会が多い印象を受けます。

耳まわりが硬くなると
前側の首のハリ、後頭部のハリ、目の疲れ、呼吸に影響を及ぼす場合があります。

前回もお伝えしたように、首の動きが悪くなると呼吸に影響を与えます。

そのため、
耳は呼吸と自律神経を整えるために、ほぐしておきたい重要なポイントです。

最近番組でも取り上げられている
自律神経も耳の近くにあると言われています。

また、耳をほぐすことで
首の動きの影響以外にも、

1.頭がすっきりする
2.目の疲れがとれる
3.身体が温まる

といった、効果もあります。

<方法とポイント>
❶人差し指と中指を開き耳を挟み、上下に動かしたり、回したりします。
*痛みがない程度で気持ちよくほぐす。

❷耳たぶを上下、前後、横に伸ばします。
*5〜10秒ほどかけて優しく引っ張る。
*耳まわりが温まる程度行う。

<注意>
痛みがある場合は控える
呼吸は止めずに行う

今回の耳ほぐしは、深呼吸をより効果的に行えるだけでなく、様々な効果が期待できます。

場所を選ばずに行える方法ですので、日頃耳をほぐす習慣をつけてみてはいかがでしょうか。
寝る前などにもおすすめです。

新型コロナウイルスの対策 ~換気による3密の解消 ~ 2020.04.06

【換気の大切さ】

みつわ整形外科クリニックでは1日数回各フロアの換気を行い「密閉空間で換気が悪い」という、いわゆる"3密"の解消に取り組んでいます。

新型コロナウイルスの対策~換気と動画紹介第4弾 ”耳ほぐし” ~ を更新しております 2020.04.06

みつわ整形外科クリニックへ来院される皆さまへ

 平素よりみつわ整形外科クリニックへ来院いただき誠にありがとうございます。

新型コロナウイルスの流行により、関係各所の皆さまは大変なご苦労をされていると存じます。

当院においてもマスクの着用、院内のアルコール消毒(待合室・エレベーター内等)、次亜塩素酸噴霧器(ハセッパー)の導入などを行い、来院される方々に安心して受診いただける環境を提供できるように予防対策に努めております。

また、厚生労働省の通達により電話での処方継続の対応も行っております。

(症状が安定しており再診の患者様が該当となっております。)

発行された処方箋はFAXにて送付いたします。

また、発熱症状や風邪症状が無い患者様につきましては整形外科疾患の新患対応も受け付けております。

みつわ整形外科クリニックは通常通り診療しておりますので、ご相談等がありましたらお気軽に問い合わせ下さい。

011-816-3200(診療時間内)

1日も早く新型コロナウイルスが終息することを願っております。

対応される皆さまもお身体には十分ご自愛下さい。

2020年4月6日 

みつわ整形外科クリニック

理事長 廣田 誼

新型コロナウイルス対策として当院では新患・再来新患の方を対象とした問診票を更新しております。

受診前に海外渡航歴の有無・旅行の有無等の確認を行います。

状況によっては札幌市保健所へ確認をしていただき適切な対応を取ります。

また、受付にて検温を行い発熱症状の確認も行いますのでご協力の程宜しくお願い致します。

3月24日現在 各階すべてに除菌対策装置を設置しております。

1階・2階・3階・4階にはハセッパーを設置済み、5階にはプラズマクラスターを設置済みとなっております。

来院される皆さまへ安心した環境を提供できるように、みつわ整形外科クリニックは新型コロナウイルスの対策を行っております。

みつわ整形外科クリニックでは1日数回各フロアの換気を行い「密閉空間で換気が悪い」という、いわゆる"3密"の解消に取り組んでいます。

みつわ整形外科クリニックへ来院いただく方はマスク着用をお願いしております。【2020年3月13日更新】

マスクをお持ちでない方は”咳エチケット”のため当院の職員が作成したマスクを付けて受診いただいております。

こちらは咳エチケットを重点に置いているため、院内のみで着用をお願いしております。

(帰宅する際には捨てていただいております。)

【みつわ式マスク作成のご紹介】

続きを読む

職員(医療事務)を募集します 2020.04.03

現在、当院では「正社員(フルタイム)」で医療事務業務を担っていただける方を募集しております。
以下の採用条件をご確認いただき、ご応募いただけますようお願いいたします。

正社員(フルタイム)

職種:医療事務員(正社員)
仕事内容:医療事務業務 受付・会計・レセプト業務等
雇用期間:雇用期間の定めなし(試用期間:3ヶ月)
就業場所:当院所在地と同じ
マイカー通勤:不可
年齢制限:あり(64歳以下)
学歴:不問
必要な経験等:医療事務経験
月給:165,000円〜210,000円(基本給+職務手当)
通勤手当:実費支給(上限30,000円)
昇給:あり
賞与:あり(年2回)
就業時間:
火・水 8時30分〜18時00分
月・木 8時30分〜19時30分
金 8時30分〜19時00分
休憩:90分
休日等:土日祝日、週休二日制
福利厚生:雇用保険、労災保険、社会保険加入

新型コロナウイルスの対策~動画紹介第3弾 ”脇腹ほぐし” ~ を更新しております 2020.03.31

3.〝脇腹〝をほぐす。

前回の投稿に続き、
自律神経を整えるための一つの手段として〝深呼吸〟をより効果的に行うための運動をご紹介致します。

肋骨は皆様がご周知されている様に、バケツの柄の様な形になっています。
そのため、前側だけでなく横側や後側もほぐす事が重要になります。

今回のご紹介する運動も場所を選ばずに行える方法になります。
また、ご紹介する運動を行う事で身体を捻るのが苦手な方も捻りやすいといった効果が継続する事で出てきます。

<ポイント> 
❶左脇腹に動画の様にクッションを挟み、抑えた側に身体を傾けます。 
❷クッションで脇腹を抑えた状態で、呼吸に合わせて身体をさらに傾けていきます。
*バランスを崩さない程度に体を傾ける
*深呼吸3〜5回程度
❸上記の❶と❷を右側でも行う。

<注意>
痛みがある場合は控える
呼吸は止めずに行う

今回の運動は深呼吸をより効果的に行えるだけでなく、身体を捻る角度を大きくする事や姿勢をよくするための運動にもなりますので、ぜひ無理のない範囲でお試し下さい。

新型コロナウイルスの対策~胸をほぐし、自律神経を整えて免疫をあげていこう~【運動動画紹介②】 2020.03.24

~2020年3月16日にアップした動画に続き、今回は「胸ほぐし」と題しまして動画の紹介をいたします。~

新型コロナウイルスにより

・外出を控えて自宅にいる時間が長くなっている方
・身体への不調がある方

に対して運動をご紹介していきます。

動画紹介第2弾 ”胸ほぐし”

2.〝胸の前〝をほぐす。

自律神経を整えるための一つの手段として〝深呼吸〟があります。
脇腹を痛めて呼吸が浅くなる経験をした方は容易に想像がつくかと思いますが、深呼吸は肋骨の動きが悪くても大きく効率的な深呼吸をする事が難しくなります。

そこで。
今回は深呼吸をより効果的に行える様にするために、肋骨の前側をほぐすための運動をご紹介していきます。

<ポイント> 
❶片手で反対側の胸の前の肋骨の間に指を押し当てる。
*痛みが我慢できる程度 
❷指が浮かないように抑えながら肋骨の間に沿ってほぐす。

<注意>
痛みがある場合は控える。
呼吸は止めずに行う。

巻き肩や猫背と言われる方は特に胸の前が硬くなりやすい傾向にあります。今回の運動はストレッチとは違いますので、1日のうちに何度も行う事をお勧め致します。

「当院での新型コロナウイルス対策について」~次亜塩素酸噴霧器(ハセッパー)と加湿空気清浄機(プラズマクラスター)を導入しました~ 2020.03.19

みつわ整形外科クリニックでは、新型コロナウイルスの対策として

「次亜塩素酸噴霧器(ハセッパー)」「加湿空気清浄機(プラズマクラスター)」を導入致しました。

3月16日現在 2階・3階・4階にはハセッパーを設置済み、5階にはプラズマクラスターを設置済みとなっております。

1階は届き次第ハセッパーを設置予定となっております。

来院される皆さまへ安心した環境を提供できるように、みつわ整形外科クリニックは新型コロナウイルスの対策を行っております。

新型コロナウイルスの対策~首をほぐし、自律神経を整えて免疫をあげていこう~【運動動画紹介】 2020.03.16

新型コロナウイルスにより

・外出を控えて自宅にいる時間が長くなっている方
・身体への不調がある方

に対して運動をご紹介していきます。

動画紹介第1弾 ”首ほぐし”

1.〝首〟をほぐす。

自律神経のバランスが崩れると体調を崩しやすい事をご存知でしょうか。
生活習慣を正す事でも自律神経は整えることが可能です。
そして、自律神経は運動をしていく事でより身体を整えることが可能になります。

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があります。
現代人は交感神経と副交感神経のバランスが悪いと言われいます。
バランスを整えるために行う運動は多くありますが、今回は簡易的に用いられる運動の一つ
〝深呼吸〝をより効果的に行うための事前運動をご紹介します。

深呼吸がしやすい身体の状態には条件があります。
・首の筋肉のスジの張りが少ない
・肩甲骨の動きが良い
・肋骨の動きが良い
・身体に負担の少ない姿勢 など

そこで。

今回は座ったままできる。
首の筋肉をほぐす方法のご紹介です。

<ポイント>
❶両手もしくは片手で鎖骨の付け根に指を押し当てる。
*痛みを我慢できる程度 
❷指が浮かないように抑えたら首を前後、左右にゆっくりと動かす。

<注意>
痛みがある場合は控える。
呼吸は止めずに行う。

深呼吸をするのにも首の筋肉をほぐす事で、より楽に呼吸をする事が可能になります。
また座る姿勢をより良くするためにも、今回ほぐしたポイントは重要になりますのでぜひ試してみて下さい。

新型コロナウイルスの対策~みつわ式マスク作成のご紹介~ 2020.03.16

新型コロナウイルスの影響が続いておりますが、みつわ整形外科クリニックは変わらず診療を行っております。

当院に受診される方には、マスクの着用をお願いしております。
マスク供給不足ということもあり、持ち合わせていない方には当院の職員が”咳エチケット対策”として作成したマスクを着用していただき受診いただいております。

こちらは咳エチケットに重点を置いているため、院内のみで着用をお願いしております。
(帰宅する際には捨てていただいております)

続きを読む

みつわ整形外科クリニックが週刊文春に掲載いただきました お知らせ2020.03.06

2月27日に発売された週刊文春3月5日号に当院の記事が掲載されました。
記事はこちらからご覧いただけます。


週刊文春3月5日号
週刊文春3月5日号

さらに、取材時に90秒ほどのみつわ整形外科紹介動画撮影を行いました。
こちらも是非ご覧ください

CONTACT