リハビリテーションについて

一般リハビリテーション

一般リハビリテーションでは、骨や関節、筋肉のけが、痛み、知覚障害、運動障害などに対してリハビリテーションを行います。
具体的には、骨折、脱臼、打撲などの急性期の外傷をはじめ、肩痛、腰痛、膝痛など、日常的に起こる慢性的な体の痛みや違和感などに対して治療を行います。

対象となる主な症状

写真:肩が痛い、上がらない、手足がしびれる
肩が痛い、上がらない
手足がしびれる
写真:腰が痛い、体を動かすと痛みがはしる
腰が痛い
体を動かすと痛みがはしる
写真:歩くと膝が痛む、けがで体がよく動かない、その他、手術後のリハビリテーションなど
歩くと膝が痛む
けがで体がよく動かない
その他、手術後のリハビリテーションなど

当院ではお子さまから成人、ご高齢の方まで、あらゆる年齢層の患者さんのリハビリテーションを行いますので、ちょっとしたけがや痛みのことなど、お気軽にご相談ください。
当院のリハビリテーションは予約制となっており、医師による診察で必要と判断された後にリハビリテーションの予約を取る流れになります。初診時に当日の予約枠に空きがなければ、翌日以降の開始になる場合がありますのでご了承ください。

当院の一般リハビリテーションの特徴

写真:一般リハビリテーション

当院では、理学療法士が患者さん個人に合ったプログラムをオーダーメイドで作成し、運動療法、徒手療法、リハビリ機器を使用した物理療法を適切に行います。

図:運動療法・徒手療法・物理療法

運動療法

体の全体または一部を動かすことで、症状の軽減や機能の回復を目指す治療のことです。予防や治療の目的で、腰痛体操、転倒予防など、筋力と柔軟性、バランス能力の改善を目的に行います。
理学療法士の指導のもと負担の少ない運動療法を行うことによって自然治癒力を高め、不自由の無い快適な生活を送っていただけるよう、お手伝いいたします。

徒手療法

マッサージやストレッチで筋肉や軟部組織の緊張を緩和したり、関節の可動域を改善したりと身体の状態を診ながら治療します。

物理療法

物理的作用を加えることによる体の治療です。
マッサージや、温熱・寒冷・電気療法(患部に電流を流す治療)などがあり、麻痺の回復や鎮痛などを目的に行われます。

温熱療法(ホットリズミー)

患部を温める治療法。温めることにより血流が増加し、筋肉や靭帯などの組織が柔らかくなり、関節が動かしやすくなったり、痛みを軽減する効果があります。

超音波療法

超音波とは、人間の耳に聞こえないほどの高い音波(20KHz)を利用し、炎症や創傷の治癒促進、温熱効果、関節可動域の改善、疼痛緩和などの効果が期待できます。

リハビリ機器の紹介

写真:フレックスチェア

01. フレックスチェア FLEX CHAIR

座面の動く椅子に腰掛け、骨盤・背骨を優しく動かすことにより、背中・骨盤周囲の柔軟性を改善し、骨盤に繋がる筋のリラクゼーションを図ります。また、背中を緩めることによって自律神経も整えることができます。

写真:ストレッチングスティック

02. ストレッチングスティック STRETCHING STICK

寝るだけで背中をほぐし、体幹につながる手足の筋のリラクゼーションを図ります。
慢性疼痛の軽減・自律神経症状の緩解などの効果があります。

写真:パワープレート

03. パワープレート POWER PLATE

1秒間に25~50回の高速振動であらゆる方向から全身へ負荷を加えるため、短時間で効果的な運動が実施できます。プレート上で1日10~15分の運動でジムの約1時間分と同じ運動効果が期待できます。筋肉を鍛えるだけでなく、ストレッチや振動で体の硬さを取る事もできます。

写真:自律神経測定

04. 自律神経測定 INNER BALANCE SCAN

測定はイヤーセンサーを用いて5分‑10分間心拍間隔を測定し、パソコン画面にグラフで表示されます。
自律神経の乱れは、様々な身体の症状を引き起こします。身体の状態を知る上で自律神経の働きは欠かせません。日々の生活習慣やストレス具合をチェックし、個々にあった生活習慣の指導なども致します。

写真:アロマトリートメント

05. アロマトリートメント AROMA TREATMENT

その時の症状に応じて適したオイルを選択し、芳香浴をしながら全身調整をすることによって、自律神経症状の緩解が期待できます。その香りを嗅ぐだけでもセルフケアとして簡単に取り入れることができます。

CONTACT