当院について

【外ももの筋肉がパツパツに張っていませんか?】 こんなときは…!2018.12.12

本日も引き続き、変形性膝関節症に関する運動をご紹介させていただきます。


変形性膝関節症の患者さんの多くは、立っているときや歩く際にがに股(O脚)になりやすく膝の一部にストレスがかかり、立っている時や歩いた際に膝が側方に移動する現象がみられます。
今回お伝えしていく、外モモ(大腿筋膜張筋・腸脛靭帯)には、膝を安定させる役割があるため、がに股(O脚)になりやすい患者さんの多くは、外モモ(大腿筋膜張筋・腸脛靭帯)に過剰に力が入り硬くなっている場合があります。
外モモ(大腿筋膜張筋・腸脛靭帯)が硬くなりすぎると二次的にお尻の筋肉(大臀筋・中臀筋)が硬くなり、痛みが生じる原因にもなります。そのため外モモの適度な柔らかさが必要になります。


今回は外ももの筋肉である〝大腿筋膜張筋・腸脛靭帯〟に対して、寝た姿勢でほぐす方法をご紹介します。
①膝を少し曲げた状態で付け根(股関節)を内に倒して行きましょう。
②膝を倒していく際に、両肩が床から離れないようにしましょう。
※痛みの無い範囲で行ってください。
※ 余裕のある方は、膝を伸ばして試してみて下さい。
左右5セットずつ行ってください。
1回につき深呼吸2、3回行ってください。


次回は、お尻の筋肉に痛みがある方に対しての対応方法をご紹介していきます。
*これらのエクササイズは一例ですのでみなさま全員に当てはまるものではありません。痛みが出た際は、セット数を減らすか中止してください。


当院では、変形性膝関節症に対して再生医療(APS療法)も実施しています。
詳細に関しては、下記をご確認ください。
再生医療(APS療法)について

CONTACT