当院について

新型コロナウイルスの対策~玄関にサーモカメラを設置いたしました~ を更新しております 2020.08.07

みつわ整形外科クリニックへ来院される皆さまへ

 平素よりみつわ整形外科クリニックへ来院いただき誠にありがとうございます。

新型コロナウイルスの流行により、関係各所の皆さまは大変なご苦労をされていると存じます。

当院においても玄関にサーモカメラを設置して来院者の検温、マスクの着用、院内のアルコール消毒(待合室・エレベーター内等)、ゴム手袋の設置(希望者へ配布)などを行い、来院される方々に安心して受診いただける環境を提供できるように予防対策に努めております。

(院内のアルコール消毒剤・来院された皆さまが自由に使用できる除菌シートの数を増やしております。)

また、厚生労働省の通達により電話での処方継続の対応も行っております。

(症状が安定しており再診の患者様が該当となっております。)

発行された処方箋はFAXにて送付いたします。

また、発熱症状や風邪症状が無い患者様につきましては整形外科疾患の新患対応も受け付けております。

みつわ整形外科クリニックは通常通り診療しておりますので、ご相談等がありましたらお気軽に問い合わせ下さい。

011-816-3200(診療時間内)

1日も早く新型コロナウイルスが終息することを願っております。

対応される皆さまもお身体には十分ご自愛下さい。

2020年8月7日 

みつわ整形外科クリニック

理事長 廣田 誼

玄関にサーモカメラを設置いたしました。【2020年8月7日更新】

みつわ整形外科クリニックでは正面玄関入口にサーモカメラを設置して来院された方の検温を行っております。

来院された皆さまの安心に繋がる取り組みをこれからも続けていきます。

ご理解、ご協力のほど宜しくお願い致します。

飛沫感染防止対策【2020年7月2日更新】

みつわ整形外科クリニックでは1階受付窓口にアクリル板を設置して飛沫感染防止対策を行っております。

【2020年7月2日更新】

また、新型コロナウイルス対策として当院では新患・再来新患の方を対象とした問診票を更新しております。

受診前に海外渡航歴の有無・東京からの往来の有無等の確認を行います。

来道されてから2週間経過していない場合は受診をお控えいただき、2週間経過後にあらためて受診をお願いしております。

(緊急性のある方は除く場合があるので、まずはお電話にてご相談ください。)

受付にて検温を行い発熱症状の確認も行いますのでご協力の程宜しくお願い致します。

接触感染防止対策【2020年4月13日更新】

接触感染防止対策として玄関横に手指消毒剤設置・ゴム手袋の設置を行っております。希望される方はご使用ください。

また、4月13日(月)より接触感染防止の観点より院内の待合室に設置している雑誌などはすべて撤去しております。

当院のパンフレットや担当医表なども撤去しておりますが、持ち帰り可能な資料はお渡しすることが出来ますのでスタッフまでお声がけください。

また、当院の自動ドアにセンサーをつけてボタンに触れることなくドアの開閉ができるように対応いたしました。

みつわ整形外科クリニックでは1日数回各フロアの換気を行い「密閉空間で換気が悪い」という、いわゆる"3密"の解消に取り組んでいます。

みつわ整形外科クリニックへ来院いただく方はマスク着用をお願いしております。【2020年3月13日更新】

マスクをお持ちでない方は”咳エチケット”のため当院の職員が作成したマスクを付けて受診いただいております。

こちらは咳エチケットを重点に置いているため、院内のみで着用をお願いしております。

(帰宅する際には捨てていただいております。)

【みつわ式マスク作成のご紹介】

マスクの供給不足が続いておりますので、少しでも皆さまの参考になればと思います。

興味のある方は作成してみてください。

【動画紹介第1弾 ”首ほぐし”】

(2020年3月16日更新)

新型コロナウイルスにより

・外出を控えて自宅にいる時間が長くなっている方
・身体への不調がある方

に対して運動をご紹介していきます。

1.〝首〟をほぐす。

首ほぐしの動画と説明についてはこちらにアクセス下さい。

https://www.mitsuwa.clinic/information/2020/03/16-150139.html

【動画紹介第2弾 ”胸ほぐし”】

(2020年3月24日更新)

2.〝胸の前〝をほぐす。

首ほぐしの動画と説明についてはこちらにアクセス下さい。

https://www.mitsuwa.clinic/information/2020/03/24-115226.html

【動画紹介第3弾 ”脇腹ほぐし”】

(2020年3月31日更新)

3.〝脇腹〝をほぐす。

脇腹ほぐしの動画と説明についてはこちらにアクセス下さい。

https://www.mitsuwa.clinic/information/2020/03/31-112314.html

【動画紹介第4弾 ”耳ほぐし”】

(2020年4月6日更新)

4.〝耳〝をほぐす。

耳ほぐしの動画と説明についてはこちらにアクセス下さい。

https://www.mitsuwa.clinic/information/2020/04/06-170440.html

【動画紹介第5弾 ”目ほぐし”】

(2020年4月20日更新)

~2020年4月6日にアップした動画に続き、今回は「目ほぐし」動画の紹介をいたします。~

5.〝目〝をほぐす。

自律神経のバランスを整えるための運動をご紹介致します。

コロナウイルスの感染拡大が進み外出頻度も減り、室内で過ごす時間が多くなっていると思います。
また、会社によっては在宅勤務を余儀なくされている方もいらっしゃると思います。

そのため
日頃に比べテレビ、電子機器(スマホ・パソコン)の使用時間が長くなっていると思います。

皆さんご周知の通り、
電子機器画面の光は自律神経に刺激を与え、長時間の使用は目に影響を与えます。

目を酷使すると
血流が悪くなり、目を動かす筋肉が硬くなりやすく目の疲れ、不眠、吐き気、後頭部のハリなどに繋がります。

前回の投稿で首回りのハリが呼吸に影響を及ぼす場合があるとお伝えしました。
目を酷使しすぎると呼吸の乱れにもつながる場合があります。

そのため、
目は呼吸と自律神経を整えるために、ほぐしておきたい重要なポイントです。

<ポイント>
❶ 目頭(目の内側)と鼻の付け根の間にあるくぼみを人差しか中指で優しくおさえます。
*目を抑える程度。
*5〜10秒ほどかけておす。

❷指の腹で優しく皮膚をおさえ、円を描くようにほぐします。
*10秒ほどかけて優しくほぐす。
*目まわりが温まる程度する。

<注意>
痛みがある場合は控える
呼吸は止めずに行う

今回の目ほぐしは、深呼吸をより効果的に行えるだけでなく眼精疲労など様々な効果が期待できます。

場所を選ばずに行える方法にですので、日頃目をほぐす習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

寝る前、勤務の合間、休憩時間などにもおすすめです。

CONTACT